酵素ドリンクでお腹が痛くなった!?お腹ぐるぐるの理由|便秘の私が酵素ドリンクでスッキリ!便秘の方向け酵素ドリンクの選び方

酵素ドリンクでお腹が痛くなった!?お腹ぐるぐるの理由

ダイエットにも美容にも効果抜群の酵素ドリンクですが、飲用しているうちに体調に違和感を覚えることがあります。
その症状のひとつが腹痛やそれに伴う下痢です。
原因がいくつか考えられますので、見ていきましょう。

 

体にとって良い反応

好転反応と呼ばれるものです。
酵素は腸内の善玉菌を増やしてくれます。
腸内の環境が整うことで、今まで不活発だった消化・吸収能力があがります。
腸の動き自体(蠕動運動)も活発になります。
それに伴って、老廃物の排出活動も活発になります。
特にファスティングと並行して飲用している場合には、余計な栄養素を取り込まないので
排出作用が顕著に出ます。
デトックス効果が大いに発揮されている証拠です。
1週間程度で治まることが大半なので、しばらく様子を見ても問題ないでしょう。
それ以上続くようなら専門医の診断を受けましょう。

 

体にとって悪い反応

好転反応とは対照的に、本当に体に悪いものを取ってしまって胃腸の調子が悪くなることがあります。
酵素ドリンク自体に問題があるケースです。
酵素ドリンクは野菜や果物を発酵させて作ります。
市販の工場で生産されたものであればほとんど問題は起こりません。
問題があるのは手作りの酵素ドリンクです。
家で作る場合、専門家でもない限りは素人です。
酵素ドリンクを作る過程で発酵作用は欠かせませんが、素人には「発酵」と「腐敗」の区別がつきません。
この腐敗してしまったドリンクを飲んでしまった場合に、腹痛や下痢が起こります。
特に家庭で作る場合には雑菌やカビの混入の可能性が、衛生管理や厳しい消毒体制を敷いている工場よりも
はるかに高いのです。
市販の酵素ドリンクを利用するのが安全でよいということです。
市販のものでも、朝家で作ってボトルに入れて持ち歩くのは避けましょう。
持ち歩いている時間で腐敗する危険があります。ペットボトルを使いまわしていればリスクはぐんと上がります。
市販のものでも作ったその場で飲み干すのがベストです。
カビが原因になることが多いようです。特に胃が痛くなったら好転反応ではないと思った方がよいでしょう。

 

酵素ドリンクの好転反応ならば少しだけ様子を見ましょう。
悪い反応でも酵素ドリンクそのものではなく作り方や保管に問題があるだけです。
正しく飲用すれば、特に危険はありません。

 

便秘にいい酵素ドリンクランキング

 

酵素ドリンクでお腹が痛くなるのを防ぐための対処法

酵素ドリンクを飲み続けているとお腹が痛くなる事があるので日常生活の中で支障が出てしまう事もあるでしょう。そこで酵素ドリンクを飲んだ時に腹痛が起こらないようにするための対処法をいくつか紹介していく事にしましょう。

 

飲み過ぎないようにする

酵素ドリンクに含まれている酵素は悪玉菌を除去して善玉菌を増やしてくれるので腸内環境を整える作用があります。腸内環境が整うと腸の動きが活発になるのでお通じが良くなります。それで便秘が解消されるので健康面で大きなメリットになりますが、飲み過ぎてしまうと腸の動きが活発になり過ぎて下痢を起こしてしまう可能性があります。それで腹痛が出てしまう事があるので飲み過ぎないように注意しましょう。

 

水で割って飲む

酵素ドリンクは商品によって酵素数が異なってくるので多く配合されている時は酵素を一度に多く摂取してしまう可能性があります。酵素を一度に多く摂取してしまうと腸の動きが活発になり過ぎて下痢を起こしてしまう可能性があります。それで腹痛が出てしまう事があるので酵素ドリンクを水で割って飲むなど工夫すると酵素の摂取量も適量に抑える事が出来て腹痛が出なくなります。

 

食後に飲む

酵素ドリンクは空腹時に飲む方が酵素の吸収率が高まると言われています。それで空腹時に酵素ドリンクを飲む人が多いですが、胃に負担がかかる事があるので腹痛の症状が出てしまう可能性があります。特に胃が荒れやすい人は空腹時に酵素ドリンクを飲むと腹痛が出る可能性が高いので注意が必要です。腹痛が出るのを抑えるには食後に飲むようにして胃に負担がかからないようにしてみましょう。

 

腹痛が出てしまうと酵素ドリンクを飲むのを中止しなければいけなくなるのでダイエット、美容、便秘解消などの効果を得られるのも遅くなってしまいます。酵素ドリンクを飲んだ時に腹痛が起こらないようにするにはこのような対処法があるので日常生活の中で実践しながらダイエット、美容、便秘解消などに取り組んでいくといいでしょう。

 

便秘にいい酵素ドリンクランキング